本サイトは一部プロモーションを含みます

アクセス抜群な経済・文化の中心地!千葉県千葉市中央区の特産品3選

千葉ポートタワー アイキャッチ画像

県都の政治経済・文化の中心地である千葉市中央区。臨海部には人気の観光スポットが集まり、多くの人でにぎわっています。

今回は、千葉県千葉市中央区の千葉の魅力が詰まった特産品を3つご紹介します。観光やビジネスで訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

千葉のお米と天然醤油を使用!手焼きの田子作煎餅

田吾作煎餅本店

はじめに、伝統の製法を創業から守り抜き、素材にこだわる老舗のせんべい屋の逸品をご紹介します。

田吾作煎餅本店 陳列棚

千葉県産コシヒカリと千葉特産の天然醤油を使用し、お店で一枚一枚炭火で丁寧に焼き上げた「田子作煎餅」。お米と醤油本来の味が楽しめる、うす焼きが特徴です。

うす焼きといえども、しっかりとした厚みが感じられる一枚。ポリポリと噛みごたえのある食感に、醤油の優しいお味が口いっぱいに広がります。

2枚入りの個包装で、食べやすい大きさだからおやつにもぴったりです。

田子作煎餅本店には、ほかにもさまざまな種類のおせんべいが揃っており、店員さんが商品を丁寧に説明してくださいます。手土産やご贈答にも喜ばれるでしょう。

おせんべいは平日にお店で焼き上げています。本店では手焼きの様子を見ることができるので、職人の技をぜひ間近でご覧になってみてはいかがでしょうか。

  • 田子作煎餅(袋入り16枚):648円 ※2023年1月現在
商品名田子作煎餅
店舗名田子作煎餅本店
販売住所〒260-0021
千葉県千葉市中央区新宿1丁目20−5
アクセス情報千葉中央駅徒歩9分
JR本千葉駅徒歩11分
営業時間9:00~19:00(日曜18:00)
定休日:第2,3日曜
連絡先043-241-4638
お取り寄せ有無
参考サイトhttps://www.osenbei.co.jp/

千葉ポートタワーのお土産はコレ!「ポートタワーに登ってきたひと」

千葉市中央区のシンボルである千葉ポートタワーに登った記念に、ちょっと面白いお土産はいかがでしょうか。

ポートタワーに登ってきたひと

こちらは、千葉ポートタワーのお土産売り場で販売されている「ポートタワーに登ってきたひと」というお菓子。

直球のネーミングと、タワーに登るキャラクターのデザインが印象的です。

商品名どおり、人の形をしているお米のスナック菓子。シーフード味とソース味の2種類があり、形も味も珍しいラインナップです。

子どもでもお年寄りでもなじみのある味で食べやすいのが特徴。シーフードの香りもしますよ。

商品パッケージには千葉モノレールと千葉ポートタワーのイラストが描かれており、ここでしか買えない特別感があります。

地上113mの展望フロアから、東京湾~房総半島を一望できる千葉ポートタワー。

素敵な景色を楽しんだ後は、ぜひお土産売り場にも足を運んでみてくださいね。

  • ポートタワーに登ってきたひと:270円 ※2023年1月現在
商品名ポートタワーに登ってきたひと
店舗名千葉ポートタワーお土産売り場
販売住所〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1丁目千葉ポートパーク内
アクセス情報千葉みなと駅徒歩約12分
営業時間千葉ポートタワーの営業時間
6月~9月:9:00~21:00
10月~5月:9:00~19:00(土日祝20:00)
連絡先043-241-0125(千葉ポートタワー)
お取り寄せ有無
参考サイトhttps://chiba-porttower.com/

オリジナルの千葉丼で朝から満腹!郷土食材を満喫しよう

ベッセルイン千葉駅前オリジナルの千葉丼
引用元:https://www.vessel-hotel.jp/inn/chiba/breakfast/

千葉に宿泊する方は、ホテルで千葉の魅力満載の朝ごはんを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ベッセルイン千葉駅前にて、朝食ビュッフェとして提供されているメニューのひとつ「オリジナルの千葉丼」。マグロ・ねぎとろ・しらすなど、好みの食材を自分で盛って作る海鮮丼です。

千葉は海鮮が有名。新鮮なマグロはツヤツヤでぷりぷり、トロトロのねぎとろも自分で好きな量をのせられるのも嬉しいポイントです。ほかにも卵やとろろもあり、さらにアレンジもOK!

朝食ビュッフェでは、千葉の名物を使ったつみれ汁や焼き魚、新鮮野菜のグリルなどの豊富な料理を取り揃えており、朝からお腹いっぱいになれますよ。

こちらは宿泊の方だけでなく、朝ごはんのご利用だけでも可能。ぜひ予約をして、ボリューム満点の千葉の朝ご飯を満喫してください。

  • 朝食(宿泊):1,400円 / 700円(6~12歳) / 5歳以下無料
  • 朝食(外来):1,700円 / 900円(4~12歳) / 3歳以下無料 ※2023年1月現在
商品名オリジナルの千葉丼
店舗名ベッセルイン千葉駅前
販売住所〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見1-12-3
アクセス情報JR千葉駅東口徒歩4分
千葉モノレール栄駅徒歩2分
営業時間朝食利用時間:6:00~9:30
連絡先043-306-1181
お取り寄せ有無
参考サイトhttps://www.vessel-hotel.jp/inn/chiba/breakfast/

千葉県千葉市中央区の情報

東京湾に面している千葉市中央区は、県都の政治経済・文化の中心地。千葉県のご当地マスコットキャラクター「チーバくん」で表現すると、中央区はのどのあたりにあります。

千葉駅周辺には公的機関やデパート・オフィスビルが、臨海部には家族みんなで楽しめるポートパークや大規模製鉄所が立ち並んでいます。パーク内には今回ご紹介した千葉ポートタワーがあり、高層階では食事を楽しみながら景色を眺めることができます。

区郊外には、千葉の町の歴史に触れることができる千葉市立郷土博物館や、博物館・文化ホールなどさまざまな施設の集まる青葉の森公園があります。公園内の千葉県立中央博物館は生態園を併設しており、都市のなかで自然を感じられる場所です。

その他の特産品へら浮子・蒔絵・押絵羽子板・藤家具・元祖いのはなだんご・ 落花生大将
おすすめスポット千葉ポートタワー・千葉ポートパーク・千葉市立郷土博物館・千葉県立中央博物館・千葉県立美術館・千葉市科学館・青葉の森公園・千葉寺の大イチョウ
公式HPhttps://www.city.chiba.jp/index.html

まとめ

千葉のお米と天然醬油を使用した「田子作煎餅」、千葉ポートタワーの個性的なお菓子「ポートタワーに登ってきたひと」、そして朝から千葉の名物を堪能できる「オリジナルの千葉丼」の3つの特産品をご紹介しました。どれも千葉らしさを感じられる素敵な逸品です。

中央区には、家族みんなで遊べる観光スポットがたくさんあります。都心からのアクセスも良好なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

中央区 その他地域

    関連記事

    1. ブルーベリーで有名?東京都小平市の特産品3選!

    2. 岡山城

      晴れの国!岡山県岡山市のおすすめ特産品3選!

    3. 愛される街、東京都世田谷区の特産品3選をご紹介!

    4. 地元の方おすすめ!岐阜県岐阜市の特産品3選

    5. 彦根城

      江戸の街並みが残る!滋賀県彦根市のおすすめ特産品3選

    6. 静岡県静岡市駿河区特産品

      穏やかな街、静岡県静岡市駿河区の特産品3選!